アンチエイジング > アンチエイジングによる美白

アンチエイジングによる美白

アンチエイジングを肌に論点を置いて見てみると、美肌、美白というのが注目されます。化粧品のCMなどでもよくでているように、美白に関する化粧品がたくさん発売されています。

人間の肌というのは、年齢を重ねていくと、シミやクスミがでてきてしまい老けた印象の顔になってしまいます。若い人の肌というのはそういう感じがなく白く輝いていますよね。

皮膚に紫外線を浴びせると酸素の働きが活発になるために、メラニン色素が刺激されシミの原因となってしまいます。

肌のアンチエイジングとして考えてみたときにスキンケアというものはとても大切なものです。その美白のためのスキンケアにとても効果がある成分はビタミンCです。ビタミンCは万能な成分で、アンチエイジングに効果がある作用としてコラーゲンを増やす作用、美白効果などがあります。

昔は、ビタミンCは壊れやすく肌に浸透しにくい成分でしたが、現在はビタミンC誘導体という壊れにくい成分が出来ています。
このビタミンC誘導体をスキンケアに取り入れるにはメラニン色素が作られる段階以前でブロックをし、黒から淡色に還元する作用が期待できます。

また、美白のためのスキンケアにはハイドロキノンという成分があります。これはビタミンC以上の効果が期待できるもので、メラニン色素が作られる基になるチロシナーゼという酵素の働きを抑制してしまうのです。
この酵素はとてもデリケートで熱や光に弱いため、密封して冷蔵庫などに保管しておく必要があります。
この成分を使用するときは専門医からの支持を仰ぐことをお勧めします。

RSSAtom